恋愛

感染症の治療

コンジローマを治すメリット

病院

コンジローマという性病があります。ウイルス性の感染症であり、これにかかってしまうと亀頭や包皮、肛門周辺、外尿道口などに病変が生じてしまいます。痛みはなくて、いぼが増殖します。そのため、本人が気がつかないこともあり、治療をせずに放置してしまうケースもあります。まれに自然消失することもあるのですが、基本的には薬を用いなければ治りません。コンジローマを薬で治すことにはメリットがたくさんあります。放置しておくとがんの危険性もあるのです。将来、重い症状が発症してしまうリスクを考えれば、早めに治しておくべきでしょう。薬を一定期間飲み続けることによって簡単に治すことができます。負担の大きな治療をしなければいけないわけではないです。すぐに治療しましょう。

コンジローマの現在

コンジローマは現在増加傾向にある病気です。性病の中ではあまり知名度は高くないのですが、誰もがかかってしまう危険性があります。特に若い世代の中で感染が目立っているという特徴があります。そのため、日本では2009年からワクチンが認定されるようになり、予防をすることが推奨されています。その他の性感染症は減少傾向にあるのですが、コンジローマは減少している傾向がないです。そのため、今後も感染者は増えることが予想されます。ただし、コンジローマのワクチンが一般的になれば、多くの方が予防を心がけるようになり、患者数が減る可能性はあります。また、薬を飲めば簡単に治療することができるため、コンジローマという性病があることを認知させることによって、患者数の減少を促すことは可能でしょう。